えびす亭百人物語 第一番目の客

「くみちょう」

<短編小説>

著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

主な発売サイト

iBooks/Amazon/BookLive/BOOKWALKER/COCOROBOOKS/DMM.com/ブックバス/楽天kobo/コミックシーモア/ReaderStore/紀伊國屋書店/GooglePlay/7net/Neowing/ひかりTVブック

高瀬甚太さんのコメント

実在の立呑み屋をモデルにして書いた、私にとって非常に思い入れのある第一作です。立呑み屋にはさまざまな客が寄り集まって来ます。上も下もなく、若いも老いも関係なく、もちろん男女の区別すらありません。そこにあるのは、酒をよりどころにした寂しい人々の集まりだけです。そこに集まるさまざまな人間像を描いたのがこの物語です。百人の客のそれぞれの生き方、思いが読む人に伝われば、そんな思いでこの作品群を書きました。中でも一番目の「くみちょう」は、もっとも愛すべき人物です。こんな人がいた。そう思ってお読みいただければ幸いです。

Profaile

高瀬甚太(たかせじんた)

和歌山県出身。15歳の年に単身上阪。以後、さまざまな職業を経験して、35歳の時、出版社に編集長としてスカウトされ、三十年間、出版経営に携わる。500点余の出版物を発刊し、千人強の人たちと出会う。その体験を生かして編集の仕事を辞し、小説の世界に飛び込む。現在、電子書籍を中心に500数十点の本を上梓。現在も精力的に作品を書き続けている。代表作に『大阪人大全』(リベラル社)、『編集長の些末な事件ファイル』『笑わんかい!』『退職刑事 榊原陽一郎』『二十四人の女』『ローランボックルタウンシリーズ』『えびす亭百人物語』(いずれも太陽堂出版より電子書籍として発売中)他多数。

編集部のコメント

人生の荒波に翻弄され、元、大手商社のエリートサラリーマンだった佳弘が辿り着いたのは立ち呑み屋『えびす亭』だった。そのえびす亭、切り盛りを任された初日、現れた人情味あふれる常連客『くみちょう』。そんな『くみちょう』と、えびす亭に居る、客どうしのやりとりが聞こえてきそうな、頬がふと緩んだり、涙がほろりとするそんな人情深い物語となっております!

人物紹介

笠井佳弘
えびす亭の店主。
笠井義春
佳弘の父。
佳弘の母。
菱やん
えびす亭の店員。親父のサポート役だった。
モンちゃん
えびす亭の店員。
晋ちゃん
えびす亭の店員。料理人。
くみちょう
えびす亭のみんなから慕われ愛されている客の一人。
よっしゃん
えびす亭の客。
姉御
くみちょうの愛人。気のいいくみちょうを陰で支え、えびす亭に二人でよくやって来る。
太陽堂出版バナー ホープブックスバナー 編集長の些末な事件ファイル166「悪魔の棲む家 前編」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第八十番目の客「余命九十日のシゲやん」 高瀬甚太 「三味線お米 前編」 高瀬甚太 シリーズ・ローランボックルタウン(一)「ローランボックルのピンクハウス」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル163「月夜の盆踊り」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第七十八番目の客「タカリの万さん」 高瀬甚太 甚太の人生ゲキジョー第一回「母(マザー)」 高瀬甚太 「海の秋」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル161「岩に棲む鬼(前編)」 高瀬甚太 恋・愛・百物語 十七人目の話「前世の愛」 高瀬甚太 息子に贈る短編集1「料理包丁」 高瀬甚太 「桜の季節に」 高瀬甚太

©2018 Mission Corporation

画像