シリーズ・ローランボックルタウン(一)

「ローランボックルのピンクハウス」

<短編小説>

著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

主な発売サイト

iBooks/Amazon/BookLive/BOOKWALKER/COCOROBOOKS/DMM.com/ブックバス/楽天kobo/コミックシーモア/ReaderStore/紀伊國屋書店/GooglePlay/7net/Neowing/ひかりTVブック

高瀬甚太さんのコメント

夢のある話を書いてみたいと思い、書いた作品です。私は子供の頃から私たちが生きている世界とは違う、別の世界が存在すると信じているところがあって、一度、その世界を覗いてみたいなと思い、好奇心でこの作品を書きました。ローランボックルタウン、夢の世界へあなたをご案内いたします。

Profaile

高瀬甚太(たかせじんた)

和歌山県出身。15歳の年に単身上阪。以後、さまざまな職業を経験して、35歳の時、出版社に編集長としてスカウトされ、三十年間、出版経営に携わる。500点余の出版物を発刊し、千人強の人たちと出会う。その体験を生かして編集の仕事を辞し、小説の世界に飛び込む。現在、電子書籍を中心に500数十点の本を上梓。現在も精力的に作品を書き続けている。代表作に『大阪人大全』(リベラル社)、『編集長の些末な事件ファイル』『笑わんかい!』『退職刑事 榊原陽一郎』『二十四人の女』『ローランボックルタウンシリーズ』『えびす亭百人物語』(いずれも太陽堂出版より電子書籍として発売中)他多数。

編集部のコメント

まだ太陽堂出版で電子書籍が出始めた最初のころに発売された本です。さっちゃんへの思いは、ひろく世の中へ伝えたくなる思いに思えました。周りの温かさに気付いてほしい。。。そんな願いがこもった作品のように思いました。心温まる、不思議ファンタジーで、そのさわやかな世界をぜひ堪能してほしいです。

人物紹介

幸子
母親と喧嘩をして家を飛び出て、ローランボックルタウンに迷い込んだ少女。
幸子の母
再婚したばかりの母親。
ロータス
ネズミのようなリスのような小さな生き物。幸子をローランボックルタウンに案内する。
シュート
ロータスの友人。
遥香
はるか。幸子の友だち、よく口げんかをする。
ゆう。幸子の友だち、かまってほしくて幸子はわざとけんかをしかける。
ポッポ
熊のようなひげもじゃのとてもやさしい大男。
アンアン
長時間眠らないとだめなとんがった顔のおばあさん。
塚本
幸子の家の近所に住む老人。8時間以上眠らないと機嫌が悪くなる。
おばあさん
友だちのちかちゃんちの怒りん坊のおばあさん。
太陽堂出版バナー ホープブックスバナー 「愛犬物語 (一)」 高瀬甚太 「追憶 母を偲んで」 高瀬甚太 ~誰が母を殺したのか~ 「暗流 第一回」 高瀬甚太 「白・色・殺人」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル166「悪魔の棲む家 前編」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第八十番目の客「余命九十日のシゲやん」 高瀬甚太 「三味線お米 前編」 高瀬甚太 シリーズ・ローランボックルタウン(一)「ローランボックルのピンクハウス」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル163「月夜の盆踊り」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第七十八番目の客「タカリの万さん」 高瀬甚太 「海の秋」 高瀬甚太 甚太の人生ゲキジョー第一回「母(マザー)」 高瀬甚太

©2018 Mission Corporation

画像