「追憶 母を偲んで」

<短編小説>

著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

主な発売サイト

iBooks/Amazon/BookLive/BOOKWALKER/COCOROBOOKS/DMM.com/ブックバス/楽天kobo/コミックシーモア/ReaderStore/紀伊國屋書店/GooglePlay/7net/Neowing/ひかりTVブック

高瀬甚太さんのコメント

著者である私の自伝的要素の高い作品です。子供は親に影響を受けます。父にも母にも影響を受けながら育つものですが、私が母から学んだことは、常に愛を持って、常に人にやさしくということでした。今はもういない母への切なる思いを込めて、この作品を仕上げました。

Profaile

高瀬甚太(たかせじんた)

和歌山県出身。15歳の年に単身上阪。以後、さまざまな職業を経験して、35歳の時、出版社に編集長としてスカウトされ、三十年間、出版経営に携わる。500点余の出版物を発刊し、千人強の人たちと出会う。その体験を生かして編集の仕事を辞し、小説の世界に飛び込む。現在、電子書籍を中心に500数十点の本を上梓。現在も精力的に作品を書き続けている。代表作に『大阪人大全』(リベラル社)、『編集長の些末な事件ファイル』『笑わんかい!』『退職刑事 榊原陽一郎』『二十四人の女』『ローランボックルタウンシリーズ』『えびす亭百人物語』(いずれも太陽堂出版より電子書籍として発売中)他多数。

編集部のコメント

晩年の主人公と母との関係や思いを伝える作品。ここにはリアルな体験談としての真実味を感じずにいられない。それぞれの瞬間の何とも言えない気持ちをつづった作品です。主人公、ひいては作者の母とそして父への気持ちがとてもよく伝わってきます。この世界をぜひ読んで味わってほしいです。

人物紹介

主人公
大阪で働く私、余命いくばくもない母を心配している。
主人公の母
肝臓ガンの診断を受け、医師に余命いくばくもないと申告される。
医師
国立病院の医師。
主人公の妹
看護士。母親を大阪の病院で診てもらうよう勧める。
主人公の家の愛犬。
主人公の父
離婚して十五年になる。別れた父を母はずっと待ち続けていた。
太陽堂出版バナー ホープブックスバナー 「愛犬物語 (一)」 高瀬甚太 「追憶 母を偲んで」 高瀬甚太 ~誰が母を殺したのか~ 「暗流 第一回」 高瀬甚太 「白・色・殺人」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル166「悪魔の棲む家 前編」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第八十番目の客「余命九十日のシゲやん」 高瀬甚太 「三味線お米 前編」 高瀬甚太 シリーズ・ローランボックルタウン(一)「ローランボックルのピンクハウス」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル163「月夜の盆踊り」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第七十八番目の客「タカリの万さん」 高瀬甚太 「海の秋」 高瀬甚太 甚太の人生ゲキジョー第一回「母(マザー)」 高瀬甚太

©2018 Mission Corporation

画像