甚太の人生ゲキジョー 第一回

「母(マザー)」

<短編小説>

著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

主な発売サイト

iBooks/Amazon/BookLive/BOOKWALKER/COCOROBOOKS/DMM.com/ブックバス/楽天kobo/コミックシーモア/ReaderStore/紀伊國屋書店/GooglePlay/7net/Neowing/ひかりTVブック

高瀬甚太さんのコメント

私にとって母の存在は常に大きい。愛を超越したものがそこにあり、物語もまた母への思いと鎮魂歌に満ち溢れている。ほぼ私小説に近いこの物語を書きながら、私は幾度も涙を流した。母への哀別の涙ではない。愛しくて愛しくて涙があふれ出るのだ。

人の体から魂が抜け出る瞬間を生まれて初めて目撃した。その瞬間、母が人形になってしまったことをもまた確認した。母の遺体を4時間かかって田舎へ運びながら私は考えていた。母の魂は今、どの町を放浪しているのだろうかと――。

Profaile

高瀬甚太(たかせじんた)

和歌山県出身。15歳の年に単身上阪。以後、さまざまな職業を経験して、35歳の時、出版社に編集長としてスカウトされ、三十年間、出版経営に携わる。500点余の出版物を発刊し、千人強の人たちと出会う。その体験を生かして編集の仕事を辞し、小説の世界に飛び込む。現在、電子書籍を中心に500数十点の本を上梓。現在も精力的に作品を書き続けている。代表作に『大阪人大全』(リベラル社)、『編集長の些末な事件ファイル』『笑わんかい!』『退職刑事 榊原陽一郎』『二十四人の女』『ローランボックルタウンシリーズ』『えびす亭百人物語』(いずれも太陽堂出版より電子書籍として発売中)他多数。

編集部のコメント

登場人物である母(マザー)。母親として一生懸命、子供を育てた。また、母であり、妻でもあった。元夫に対する女心がとても切ない。母(マザー)天国に旅立つ時の描写がとても、リアリティがありました。私はあなたがこの物語を読んだ後、母の日にどう想うのか、気になるところです。

人物紹介

主人公
癌の宣告を受けた母を田舎から大阪へ連れて来る。献身の看護をする息子。
肝臓ガンの診断を受け、余命三カ月の宣告を受けている。七〇歳。
医師
大動脈瘤が破裂したら母の生命が途絶えると宣告した医師。
母と離婚して30年余になる放蕩ものの父親。
太陽堂出版バナー ホープブックスバナー 編集長の些末な事件ファイル166「悪魔の棲む家 前編」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第八十番目の客「余命九十日のシゲやん」 高瀬甚太 「三味線お米 前編」 高瀬甚太 シリーズ・ローランボックルタウン(一)「ローランボックルのピンクハウス」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル163「月夜の盆踊り」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第七十八番目の客「タカリの万さん」 高瀬甚太 甚太の人生ゲキジョー第一回「母(マザー)」 高瀬甚太 「海の秋」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル161「岩に棲む鬼(前編)」 高瀬甚太 恋・愛・百物語 十七人目の話「前世の愛」 高瀬甚太 息子に贈る短編集1「料理包丁」 高瀬甚太 「桜の季節に」 高瀬甚太

©2018 Mission Corporation

画像