編集長の些末な事件ファイル1

「奇妙な絵画」

<短編小説>

著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

主な発売サイト

iBooks/Amazon/BookLive/BOOKWALKER/COCOROBOOKS/DMM.com/ブックバス/楽天kobo/コミックシーモア/ReaderStore

高瀬甚太さんのコメント

零細出版社編集長井森公平の記念すべき1作目。夏の終わりの週末、美貌の女性の依頼を受け、自宅を訪問する。そこで井森が見たものは、見ているだけで吐き気を催す全裸の女性たちを描いた奇妙な絵画だった――。一枚の絵画を巡って展開する愛と憎しみ、名物編集長井森公平の活躍をお楽しみください。

Profaile

高瀬甚太(たかせじんた)

和歌山県出身。15歳の年に単身上阪。以後、さまざまな職業を経験して、35歳の時、出版社に編集長としてスカウトされ、三十年間、出版経営に携わる。500点余の出版物を発刊し、千人強の人たちと出会う。その体験を生かして編集の仕事を辞し、小説の世界に飛び込む。現在、電子書籍を中心に500数十点の本を上梓。現在も精力的に作品を書き続けている。代表作に『大阪人大全』(リベラル社)、『編集長の些末な事件ファイル』『笑わんかい!』『退職刑事 榊原陽一郎』『二十四人の女』『ローランボックルタウンシリーズ』『えびす亭百人物語』(いずれも太陽堂出版より電子書籍として発売中)他多数。

編集部のコメント

まだ、電子書籍の事業が始まったばかりのころ。高瀬甚太先生から送られてくる原稿を読み、ドキドキしたのを思い出します。現在、『編集長の些末な事件ファイル』は160話を超えています。すべて太陽堂出版から電子書籍として発刊し、独特の人気を博している作品です。作品の内容もさまざまで、お読みいただくうちにいつの間にか井森公平の世界に浸っている。そう思っていただける作品ばかりです。いろいろなミステリーの表情を見せる作品たちに発展していく最初の作品です。ぜひ一度手にしてお試し願います。

人物紹介

井森公平
極楽出版の代表兼編集長。年齢は四十代から五十代だが定かではない。自宅は西宮市にあるようだが、生活のほとんどを北区の1DKの事務所で過ごしている。妻子の存在についても判然としない。秘密にしているわけではないが、本編の中では特にプライバシーの紹介はしていない。大学を出て大手の出版社に勤務した後、帰阪し、出版社を開設。出版の仕事をしている時間より、事件に関わっている時間の方が長いのでは、という意見もある。
竹村聡子
井森の友人、歯科医の奈倉の紹介で極楽出版を訪ねた美貌の女性。亡くなった叔父の描いた絵画を井森に見せ、その絵がどういう了見で描かれたのか、叔父がなぜこの絵を残そうとしたのか、その理由を井森に調べてもらうよう依頼する――。
竹村篤志
幼い頃から建設会社を経営する父親に帝王学をたたき込まれて育ち、関西を代表する建設会社大昭和建設を継ぐ。だが、50歳を過ぎたころから絵画に没頭し始め、一枚の絵画を10年かけて制作、その絵を聡子に託して70歳でこの世を去る。
松本晴彦
京都の美大の教授で井森の友人の一人。絵画を見て、「心象風景画」であると井森に伝える。
太陽堂出版バナー ホープブックスバナー 編集長の些末な事件ファイル163「月夜の盆踊り」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第七十八番目の客「タカリの万さん」 高瀬甚太 甚太の人生ゲキジョー第一回「母(マザー)」 高瀬甚太 「海の秋」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル161「岩に棲む鬼(前編)」 高瀬甚太 恋・愛・百物語 十七人目の話「前世の愛」 高瀬甚太 息子に贈る短編集1「料理包丁」 高瀬甚太 「桜の季節に」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル159「呪いの市松人形(前編)」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第一番目の客「くみちょう」 高瀬甚太 笑わんかい!ステージ2「第一回」 高瀬甚太 派遣社員・箭内万作の事件簿1「密室盗難の謎と怪異の棲む家(前編)」 高瀬甚太

©2018 Mission Corporation

画像