息子に贈る短編集1

「料理包丁」

<短編小説>

著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

主な発売サイト

iBooks/Amazon/BookLive/BOOKWALKER/COCOROBOOKS/DMM.com/ブックバス/楽天kobo/コミックシーモア/ReaderStore/紀伊國屋書店/GooglePlay/7net/Neowing/ひかりTVブック

高瀬甚太さんのコメント

まったく同じというわけではありませんが、人物設定は私の知人をモデルにして書いています。それだけに愛着のある作品です。その知人も自分は中卒で料理の道一筋に生きて来ましたが、息子は有名国立大学を卒業して、今は一流企業で働き、いい位置についていると聞いています。この作品を書きながらその彼のことを思い出しました。

Profaile

高瀬甚太(たかせじんた)

和歌山県出身。15歳の年に単身上阪。以後、さまざまな職業を経験して、35歳の時、出版社に編集長としてスカウトされ、三十年間、出版経営に携わる。500点余の出版物を発刊し、千人強の人たちと出会う。その体験を生かして編集の仕事を辞し、小説の世界に飛び込む。現在、電子書籍を中心に500数十点の本を上梓。現在も精力的に作品を書き続けている。代表作に『大阪人大全』(リベラル社)、『編集長の些末な事件ファイル』『笑わんかい!』『退職刑事 榊原陽一郎』『二十四人の女』『ローランボックルタウンシリーズ』『えびす亭百人物語』(いずれも太陽堂出版より電子書籍として発売中)他多数。

編集部のコメント

ヤクザから料理人へとなった父が息子に贈った1本の包丁。だが、本当に贈ったのは包丁という単に物質的な事ではなく、目には見えない大事な物ではないかと思いました。皆さんはどう思われるでしょうか?

人物紹介

新谷次郎
変遷を重ねた挙句、料理人となった主人公。
孝志
新谷次郎の息子。父の願いとは反対に有名国立大学に進学、教師を目指すようになる。
矢沢健司
新谷次郎の中学時代の友人。
弥生
新谷次郎の妻。新谷次郎が修業していた料理店の仲居をしていて新谷と知り合う。
久司
新谷次郎の孫。
太陽堂出版バナー ホープブックスバナー 「愛犬物語 (一)」 高瀬甚太 「追憶 母を偲んで」 高瀬甚太 ~誰が母を殺したのか~ 「暗流 第一回」 高瀬甚太 「白・色・殺人」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル166「悪魔の棲む家 前編」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第八十番目の客「余命九十日のシゲやん」 高瀬甚太 「三味線お米 前編」 高瀬甚太 シリーズ・ローランボックルタウン(一)「ローランボックルのピンクハウス」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル163「月夜の盆踊り」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第七十八番目の客「タカリの万さん」 高瀬甚太 「海の秋」 高瀬甚太 甚太の人生ゲキジョー第一回「母(マザー)」 高瀬甚太

©2018 Mission Corporation

画像