なにわ漫才ラプソディ

「笑わんかい!第一回」

<短編分冊>

著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

主な発売サイト

iBooks/Amazon/BookLive/BOOKWALKER/COCOROBOOKS/DMM.com/ブックバス/楽天kobo/コミックシーモア/ReaderStore/紀伊國屋書店/GooglePlay/7net/Neowing/ひかりTVブック

高瀬甚太さんのコメント

凶悪な元ヤクザと落ちこぼれ漫才師のコンビを描いたこの本は、大阪ミナミを舞台に展開し、お笑いの世界に懸命にしがみつく、悲しくも愉快なコンビの物語です。笑いとは何か、その真髄とは? 二人の活躍が漫才世界に一石を投じる、そんな作品です。

Profaile

高瀬甚太(たかせじんた)

和歌山県出身。15歳の年に単身上阪。以後、さまざまな職業を経験して、35歳の時、出版社に編集長としてスカウトされ、三十年間、出版経営に携わる。500点余の出版物を発刊し、千人強の人たちと出会う。その体験を生かして編集の仕事を辞し、小説の世界に飛び込む。現在、電子書籍を中心に500数十点の本を上梓。現在も精力的に作品を書き続けている。代表作に『大阪人大全』(リベラル社)、『編集長の些末な事件ファイル』『笑わんかい!』『退職刑事 榊原陽一郎』『二十四人の女』『ローランボックルタウンシリーズ』『えびす亭百人物語』(いずれも太陽堂出版より電子書籍として発売中)他多数。

編集部のコメント

売れない漫才師、啓介と巽の出会い編。荒くれた時もあったけれど、巽と比較するととっても可愛いもんだと感じさせてくれる啓介。これから何が待っているのか、そんな兆しを感じる作品です。晴子のどうでも転びそうな感じがやきもきします(笑)。これからが楽しみな感じで、その感じが伝われば幸いです。

人物紹介

瀧本啓介
落ちこぼれの売れない漫才師。たこ焼き屋の店員をしている。
健太
たこ焼き屋「八っちゃん」の店員。
宮本八郎
たこ焼き屋「八っちゃん」のオーナー。
晴子
ミナミのこの界隈に根城を持つ売春婦。
巽新一
極悪ヤクザ、晴子にベタ惚れ。出所してすぐに晴子の死を知って大荒れに荒れる。
ひろし
晴子の同棲相手。
裕二
たこ焼き屋「八っちゃん」の店員。
たこ焼き屋「八っちゃん」の店員。
太陽堂出版バナー ホープブックスバナー 編集長の些末な事件ファイル163「月夜の盆踊り」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第七十八番目の客「タカリの万さん」 高瀬甚太 甚太の人生ゲキジョー第一回「母(マザー)」 高瀬甚太 「海の秋」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル161「岩に棲む鬼(前編)」 高瀬甚太 恋・愛・百物語 十七人目の話「前世の愛」 高瀬甚太 息子に贈る短編集1「料理包丁」 高瀬甚太 「桜の季節に」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル159「呪いの市松人形(前編)」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第一番目の客「くみちょう」 高瀬甚太 笑わんかい!ステージ2「第一回」 高瀬甚太 派遣社員・箭内万作の事件簿1「密室盗難の謎と怪異の棲む家(前編)」 高瀬甚太

©2018 Mission Corporation

画像