笑わんかい!ステージ2

「第一回」

<長編分冊>

著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

主な発売サイト

iBooks/Amazon/BookLive/BOOKWALKER/COCOROBOOKS/DMM.com/ブックバス/楽天kobo/コミックシーモア/ReaderStore/紀伊國屋書店/GooglePlay/7net/Neowing/ひかりTVブック

高瀬甚太さんのコメント

私は漫才や落語が好きでよく見たり、聞いたりします。話芸というものが元々大好きなんですね。この作品の中に登場する元ヤクザの巽新一は、組を破門になり漫才師に転じるという変わり種で、瀧本啓介という本編の主人公もまた、売れない漫才師の一人です。そんな二人がコンビを組んで漫才をやったらどうなるだろう? と興味を抱いて書き始めたのが本作です。書いていて、私はこの二人にとても愛着が湧きました。どちらも救いのない男たちです。その二人が漫才コンビとなって業界にデビューする。とても売れるとは思えない二人ですが、何とか売れるように、漫才選手権で一等賞を取れますようにと願いながら本編を書きました。皆さんもどうか、この二人を応援してあげてください。

Profaile

高瀬甚太(たかせじんた)

和歌山県出身。15歳の年に単身上阪。以後、さまざまな職業を経験して、35歳の時、出版社に編集長としてスカウトされ、三十年間、出版経営に携わる。500点余の出版物を発刊し、千人強の人たちと出会う。その体験を生かして編集の仕事を辞し、小説の世界に飛び込む。現在、電子書籍を中心に500数十点の本を上梓。現在も精力的に作品を書き続けている。代表作に『大阪人大全』(リベラル社)、『編集長の些末な事件ファイル』『笑わんかい!』『退職刑事 榊原陽一郎』『二十四人の女』『ローランボックルタウンシリーズ』『えびす亭百人物語』(いずれも太陽堂出版より電子書籍として発売中)他多数。

編集部のコメント

一見、常識を枠をはみ出した様にみえる独特な漫才。だが、人々は、二人に漫才に魅了されていく。その漫才を続けていく中、つぎつぎと、おこる人間ドラマ。はたして、二人の漫才はどうなっていくのか?!笑わんかい!、新たなステージに突入です!

人物紹介

瀧本啓介
売れない漫才師。この物語の主人公。
晴子
ミナミのこの界隈に根城を持つ売春婦。
巽新一
元ヤクザ。凶暴で手の付けられない男だが、晴子には頭が上がらない。
事務長
病院の事務長。
サブ
暴力団蛹組の組員。
斉藤力男
暴力団蛹組の若頭。
宮本八郎
たこ焼き屋「八っちゃん」のオーナー。
太陽堂出版バナー ホープブックスバナー 編集長の些末な事件ファイル166「悪魔の棲む家 前編」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第八十番目の客「余命九十日のシゲやん」 高瀬甚太 「三味線お米 前編」 高瀬甚太 シリーズ・ローランボックルタウン(一)「ローランボックルのピンクハウス」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル163「月夜の盆踊り」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第七十八番目の客「タカリの万さん」 高瀬甚太 甚太の人生ゲキジョー第一回「母(マザー)」 高瀬甚太 「海の秋」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル161「岩に棲む鬼(前編)」 高瀬甚太 恋・愛・百物語 十七人目の話「前世の愛」 高瀬甚太 息子に贈る短編集1「料理包丁」 高瀬甚太 「桜の季節に」 高瀬甚太

©2018 Mission Corporation

画像