名探偵夕月光シリーズ1

「『勿忘草荘』殺人事件」

<短編小説>

著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

主な発売サイト

iBooks/Amazon/BookLive/BOOKWALKER/COCOROBOOKS/DMM.com/ブックバス/楽天kobo/コミックシーモア/ReaderStore/紀伊國屋書店/GooglePlay/7net/Neowing/ひかりTVブック

高瀬甚太さんのコメント

決して素顔をさらさない名優、夕月光シリーズの第一作です。以前から温めていた作品で、夕月光という特殊なキャラクターが八面六臂の活躍をし、年齢不詳の銀幕スター夕月光が謎解きをする、痛快無比のミステリー、ぜひご一読ください。

Profaile

高瀬甚太(たかせじんた)

和歌山県出身。15歳の年に単身上阪。以後、さまざまな職業を経験して、35歳の時、出版社に編集長としてスカウトされ、三十年間、出版経営に携わる。500点余の出版物を発刊し、千人強の人たちと出会う。その体験を生かして編集の仕事を辞し、小説の世界に飛び込む。現在、電子書籍を中心に500数十点の本を上梓。現在も精力的に作品を書き続けている。代表作に『大阪人大全』(リベラル社)、『編集長の些末な事件ファイル』『笑わんかい!』『退職刑事 榊原陽一郎』『二十四人の女』『ローランボックルタウンシリーズ』『えびす亭百人物語』(いずれも太陽堂出版より電子書籍として発売中)他多数。

編集部のコメント

どこで現れるのかわからない、どんな姿をしているかわからない、ひょいと出てくる夕月光。それにたいして、地道に捜査を進める福澤警部。そんな対比がいやがおうにも浮かんでくる。そんな小品です。福澤警部の困惑感と、そして謎の解けた時のはっとした感じぜひ味わってほしいです。また、おとこ福澤、無骨ながらも正直に生きる姿が微笑ましい。

人物紹介

夕月光
銀幕のスターでありながら抜群の推理力で次々と事件を解決していく。
三橋由香里
殺人事件の死体の第一発見者。
種田道夫
勿忘草荘という女性専用の宿泊施設の管理人。七十代の老人。
福澤幸四郎
京都府警本部捜査第一課の警部。
彩香
福澤幸四郎の娘。
弥生
福澤幸四郎の妻。子宮ガンで四二歳で亡くなった。
木山
刑事。
堂山富士夫
殺人事件の被害者。
崎山孝子
殺人事件の容疑者であったが後で死体で発見された。
田端進
鑑識。
狭山
福澤幸四郎の上司。警視。
美由紀
福澤幸四郎の妹。
松前健吾
福澤幸四郎の中学時代の同級生。居酒屋『よしやん』を経営している。
高橋裕子
崎山孝子の同僚。
太陽堂出版バナー ホープブックスバナー 編集長の些末な事件ファイル163「月夜の盆踊り」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第七十八番目の客「タカリの万さん」 高瀬甚太 甚太の人生ゲキジョー第一回「母(マザー)」 高瀬甚太 「海の秋」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル161「岩に棲む鬼(前編)」 高瀬甚太 恋・愛・百物語 十七人目の話「前世の愛」 高瀬甚太 息子に贈る短編集1「料理包丁」 高瀬甚太 「桜の季節に」 高瀬甚太 編集長の些末な事件ファイル159「呪いの市松人形(前編)」 高瀬甚太 えびす亭百人物語 第一番目の客「くみちょう」 高瀬甚太 笑わんかい!ステージ2「第一回」 高瀬甚太 派遣社員・箭内万作の事件簿1「密室盗難の謎と怪異の棲む家(前編)」 高瀬甚太

©2018 Mission Corporation

画像